ベステラ、柔道家の金メダリスト井上康生さんがアンバサダーに就任

■目指す企業イメージと合致

 鋼構造プラント設備解体工事を展開し、解体工事会社としては類のない特許工法・知的財産の保有を強みとしているベステラ<1433>(東1)は11日、柔道家の井上康生さんがアンバサダーに就任したと発表。企業理念に賛同をいただきアンバサダーとして迎えることとなった。

 2000年のシドニー五輪男子柔道100キロ級の金メダリストの井上康生さんは、得意とした美しい内股に代表される数々の技を磨き上げ、世界一まで登りつめた。昨今は特定非営利活動法人JUDOsの活動を通し、柔道を通しての社会貢献にも大きく尽力している。井上さんが柔道を通して体現されてきたものと、同社の掲げる理念とは重なる部分が多く、同社の目指す企業イメージと合致したため、アンバサダーにご就任することとなった。

 今後のアンバサダーとしての活動は、ウェブサイト、SNSサイト、YouTubeページなどで公開を予定している。

■柔道家 井上康生氏プロフィール

 1978年5月15日生まれ。宮崎県出身。柔道七段。2000年のシドニー五輪100kg級金メダルリスト。2008年の全日本選手権への出場を最後に現役引退。指導者の道を選び、スコットランドで留学生活を経験。2012年11月に全日本柔道男子監督に就任し、2016年リオデジャネイロ五輪では日本男子代表の全階級がメダルを獲得という快挙を達成。2021年の東京五輪では男女全階級を通し過去最多となる9個の金メダルを獲得。

 同社は、「壊すことを、美しく。」をモットーに、電力、製鉄などの大規模プラント設備の解体工事を主たる事業としている。また、持続可能な開発目標(SDGs)の実現に向けて、独自のESG経営(社会的サステナビリティへの貢献、利益ある成長の両立)の推進を経営目標とし、「柔軟な発想と創造性、それを活かした技術力により地球環境に貢献します」を企業理念に掲げている。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■9月29日(水)からセブン‐イレブン店舗で取り扱い開始  セブン&アイ・ホールディングス<…
    2. ■新名称は「TIPSTAR DOME CHIBA」  ミクシィ<2121>(東1)は、202…
    3. ■派閥の親分のルサンチマン  政治は政策が基本というか、政策で決まるものと思いたいが、そうと…
    2021年10月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る