シナネンHDのグループ会社が「スタジオメイクオーバー武蔵浦和」にシェアサイクル「ダイチャリ」を導入

■ジェイアール東日本都市開発、OpenStreetと業務提携

 シナネンHD<8132>(東1)のグループ会社シナネンモビリティPLUSは、ジェイアール東日本都市開発(東京都渋谷区)、OpenStreet(東京都港区)と業務提携し、「スタジオメイクオーバー武蔵浦和」にOpenStreetが提供するシェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」を活用したシェアサイクル「ダイチャリ」のステーションを設置した。

 モビリティPLUSが運営するシェアサイクル「ダイチャリ」は、OpenStreetが提供するシェアサイクルプラットフォーム「HELLO CYCLING」を活用したサービスである。

 「HELLO CYCLING」は、会員登録から利用、決済までスマートフォン一つで完結することができ、「HELLO CYCLING」のアプリに表示されているステーション(全国約4,000箇所、2021年9月時点)なら、全国どこでも貸し出し・返却が可能で、使いたいときに、使いたいだけ、利用することができる。

 モビリティPLUSは一都三県及び大阪府を中心に「ダイチャリ」を展開しており、これまで大手コンビニエンスストア3社や各種商業施設、マンションなどの不動産物件、飲食店と提携して、シェアサイクルサービスを提供することで、展開エリアでの回遊性向上や放置自転車対策など、地域の課題解決に貢献してきた。

 今回、「ダイチャリ」を導入する「スタジオメイクオーバー武蔵浦和」は、地域の人々が集い楽しむ、そしてリラックスするなど、心地良い場所の提供を目指した。カフェスペースや子どもたちが楽しめる大型立体遊具の他、オープンキッチンやスタジオなども併設され、イベントやパーティー会場としても利用可能。武蔵浦和駅と北戸田駅の中間に位置し、それぞれの駅からの二次交通としてシェアサイクルの利用が期待できることから、「ダイチャリ」の導入が決まった。

 モビリティPLUSとOpenStreetは、今後もシェアサイクルユーザーの利便性を高めていくために、ステーションを積極的に拡大していくとしている。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■9月29日(水)からセブン‐イレブン店舗で取り扱い開始  セブン&アイ・ホールディングス<…
    2. ■新名称は「TIPSTAR DOME CHIBA」  ミクシィ<2121>(東1)は、202…
    3. ■派閥の親分のルサンチマン  政治は政策が基本というか、政策で決まるものと思いたいが、そうと…
    2021年10月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る