【話題株】オンコリスバイオFは直近2日連続ストップ安から反発、ライセンス契約解消の売り一巡感

話題株

■中外製薬は「テロメライシン」の全ての権利を返還、3日続落模様

 オンコリスバイオファーマ(オンコリスバイオF)<4588>(東マ)は10月22日の前場、730円(36円高)まで上げた後も堅調に推移し、前日までの2日連続ストップ安から反発相場となった。10月19日の取引終了後、がんに対するウイルス療法「テロメライシン」に関する中外製薬<4519>(東1)へのライセンス解消を発表。翌日から2日連続大幅安となったが、22日前場は出来高も急増したため、底入れ期待が出ている。一方、中外製薬は日々小幅だが3日続落模様となっている。

 中外製薬とオンコリスバイオFは10月19日の17時、がんに対するウイルス療法である「OBP-301(テロメライシン:suratadenoturev)」を対象とするライセンス契約を2022年10月までに解消すると発表した。これにより、「中外製薬が保有するOBP-301に関する全ての権利はオンコリスに返還され」「今後、両社間において本契約に基づくマイルストンの支払及び受領は発生しない」(中外製薬の発表リリース)こととなった。

 両社の発表を総合すると、「テロメライシン」に関する両社のライセンス契約は19年4月に結ばれた。中外製薬は国内開発を進めてきたが、今後、両社の協業によって開発を進めることが本剤の製品価値最大化につながらないという判断に至った。

 オンコリスバイオFが担当し外部委託していた「テロメライシン」の治験薬供給や製法開発に予想外に時間を要したため、中外製薬は承認申請時期を22年から24年に変更した。また、中外製薬は、当初日本国内で4つの臨床試験を実施する計画だったが、「食道がん対象の化学放射線療法併用Phase1試験」及び「頭頸部がん対象のアテゾリズマブ及び化学放射線療法併用Phase1試験」を中止する判断を行った。

 契約解消の要因については、「テロメライシン」の有効性・安全性の問題によるものではなく、進行中の国内の臨床試験については、当面は中外製薬が継続して実施し、その後両社合意の上でオンコリスに引き継いでいく予定。現在、中外製薬は「食道がん対象の放射線併用Phase2試験」及び「肝細胞がん対象のアテゾリズマブ及びベバシズマブ併Phase1試験」の2つの臨床試験に、「テロメライシン」関連のリソースを集約させ、臨床試験を進めている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■伽藍全域を自由に巡り、曼荼羅図を超拡大して鑑賞するデジタル文化財体験を実現リベラルアーツ研修やオ…
    2. ■開発効率化により、デジタルソリューションの確立を加速  日野自動車<7205>(東1)は1…
    3.  今週の当特集は、最下位市場のG市場も含めて本気度銘柄に加え、株価的に割安な銘柄にこそ「メークドラ…
    2021年12月
    « 11月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る