【決算ニュース】エスプールの第2四半期は新事業でスマートメーター業務の準備進む

■東京電力から受注しこの8月から単月で黒字化の見込み

 物流アウトソーシングや人材サービスなどを展開するエスプール<2471>(JQS)の2015年11月期・第2四半期決算(2014年12月~15年5月、連結)は、新事業として東京電力<9501>(東1)から受注した電力計の交換・スマートメーター設置業務の開始に向けた準備の四半期となった。スマートメーター事業は15年7月に開始。この初期投資約1億5000万円の大半が4月から6月に発生。また、8月に予定する本社移転の減損損失などの移転費用もあり、売上高は前期比6.2%増加して34億3800万円と好調だったものの、経常利益は前期比76.8%減の2700万円となり、純利益は1400万円の赤字となった。

 ただ、スマートメーター事業は、約2年間での売上高が約24億円。プロジェクト利益は約10%を想定。事業開始に向けては200名を超える人材を新たに採用し、研修や事業所14カ所の開設などを行った。8月から単月での黒字化を見込み、16年3月以降は初期投資などを含めた累計でも黒字化する計画だ。第二期以降の受注に向けても積極的に取り組む方針で、「新たな成長ドライバーとして主力3事業に続く4本目の柱にする」としている。
■コールセンター業務は上期の売上高が35%増加

 主力3事業は、ネット通販の発送代行や物流センターの運営代行サービスなどを行うロジスティクスアウトソーシング事業、コールセンター向け派遣や携帯端末の販売支援などを行う人材アウトソーシング事業、障がい者雇用支援サービス事業で、連結売上高の90%強を占め、一部に期ずれ要因はあったが好調に推移して売上高6.2%増を牽引した。

 下期の事業方針は、新事業のスマートメーター設置業務に万全を期して傾注するとともに、
主力3事業でのコアマーケットの深耕などを進め、新規事業の育成と合わせたポートフォリオ経営を推進するとした。

 ネット通販の発送代行業務は物量の増加が傾向的に続き、現在、自社センターでは満床状態というケースが出ているため、下期は保管効率の高いコスメ、雑貨商品などの取り扱い強化に取り組むなど効率化を進める。

 コールセンター業務は第2四半期の売上高が35%増加するなど、売上高、収益とも期初計画を上回る展開となっており、下期は派遣法の改正効果などを一段の飛躍の好機として推進する。北海道や東北、九州など、地方を中心に拡大が続いている。

 人材紹介サービスは首都圏を中心に上期の売り上げが倍増となり、企業の直接雇用ニーズなどに対応するとともに収益性の向上に引き続き注力する。

 11月通期の連結業績予想は、第1四半期決算を発表した4月下旬時点に比べて売上高を
3%近く増額修正して75億1800万円(前期比では13.8%増)の見込みとした。経常利益は上記のスマートメーター設置業務にかかわる初期投資の集中が主な要因となり、前回見通しを34%ほど下方修正しての1億4000万円(同26.8%減)とし、純利益もこれにスライドする形で6600万円(同59.7%減)を見込む。

 配当は前期6期ぶりに復活し、11月期末一括方式で10円を実施した。今期も10円を継続の見込みとし、「来期以降は新事業の寄与や主力3事業などの推移を見ながら上乗せも考えていきたい」(同)とした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■9月29日(水)からセブン‐イレブン店舗で取り扱い開始  セブン&アイ・ホールディングス<…
    2. ■新名称は「TIPSTAR DOME CHIBA」  ミクシィ<2121>(東1)は、202…
    3. ■派閥の親分のルサンチマン  政治は政策が基本というか、政策で決まるものと思いたいが、そうと…
    2021年10月
    « 9月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る