【注目銘柄】ニッポン高度紙はトヨタ関連人気を高め連続最高純利益も見直す

注目銘柄

 ニッポン高度紙工業<3891>(JQS)は、人気化し大商いとなって大きく底上げしている。14日にトヨタ自動車が、「バッテリーEV戦略」を発表してEV(電気自動車)開発を強化することから、関連の電池関連株が軒並み高となっており、同社株にも買いが向かった。つれて業績への追い風期待も強め、今年7月30日に上方修正された今2022年3月期業績で、純利益が、連続して過去最高更新と見込まれていることも見直されている。

■自動車の電装化・自動化向けにアルミ電解コンデンサの需要拡大

 トヨタの「バッテリーEV戦略」は、欧州を中心に脱炭素の環境規制が強まるなか、2030年までにEV車種を30車種に拡充し販売台数を350万台とする計画で、そのために4兆円の設備投資を実施し、うちバッテリー投資には2兆円を充てることを計画している。ニッポン高度紙は、コンデンサ用絶縁紙では世界シェア6割のニッチ・トップ企業で、主力製品のアルミ電解コンデンサが、自動車の電装化・電動化で需要を拡大させており、トヨタ関連の電池株の一角を形成することになる。

 実際に同社の今2022年3月期業績は、自動車の電装化・電動化のほか、産業機器向けでも設備投資の回復とともにアルミ電解コンデンサの需要増が続き上方修正された。期初予想より売り上げ、営業利益、経常利益を各7億円、純利益を5億円引き上げ、売り上げ175億円(前期比9.9%増)、営業利益37億円(同34.0%増)、経常利益37億円(同32.3%増)、純利益26億円(同29.6%増)と大幅続伸を見込み、純利益は、前期の過去最高を連続更新する。配当は、期初予想の年間22円(前期実績22円)に対して普通配当を2円アップさせるとともに、創業80周年の記念配当6円を上乗せして30円へ増配を予定している。

■PER10倍と25日線から7%超の下方かい離修正でまず3分の1戻し目標

 株価は、今年7月の今期業績の上方修正で年初来高値4250円まで800円超高したが、新型コロナウイルス感染症拡大による全般波乱相場とともに3020円まで調整し、売られ過ぎ修正で3360円までリバウンドしたものの、今期第2四半期業績の発表では業績の再上方修正がなく業績自体が市場コンセンスを下回るとして再調整、年初来安値へ突っ込んだ。前日15日の急反発でもPERは10倍台、25日線からも7%超のマイナスかい離となお下げ過ぎを示唆しており、まず年初来高値からの調整幅の3分の1戻しの2900円台を奪回し、半値戻し水準となる今年10月高値3360円を目指そう。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    2.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    3. ■発行済み株式の過半数を取得  伊藤忠商事<8001>(東証プライム)は4月5日、米国大手ス…
    2022年5月
    « 4月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る