三菱重工はUAE・フジャイラ首長国向け天然ガス焚きGTCC発電設備のガスタービンを出荷

■中東で初となる最新鋭のM701JAC形ガスタービン納入プロジェクトで

 三菱重工業<7011>(東1)は12月16日、アラブ首長国連邦(UAE)のフジャイラ首長国(Emirate of Fujairah)向けに受注していた主力ガスタービンJ形シリーズの最新機種であるJAC(J-series Air-Cooled)形の出荷を、同社高砂製作所(兵庫県高砂市)から行ったと発表。

 アブダビの国営エネルギー会社Abu Dhabi National Energy Company(TAQA)、アブダビの政府系ファンドMubadala Investment Company、丸紅株式会社と、北陸電力株式会社が出資するSPC(Fujairah Power Company F3 LLC)が所有・運営、韓国三星物産が建設を行う、天然ガス焚きガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電プラントの中核設備となるもので、昨年受注した3基の1号機から3号機まですべての出荷が完了した。

■UAE最大240万kWの発電容量、2023年にプラント全体での商業運転開始を予定

 今回出荷したJAC形ガスタービンは、UAEの首都アブダビから北東方向約300kmにあるフジャイラの臨海部キドファ(Qidfa)地区に建設される発電所向けのもの。同発電所は、UAEにおけるガス焚きGTCC発電プラントとして過去最大の出力となる240万kWの発電容量を有し、プラント全体での商業運転開始は2023年を予定している。

 同社は、同発電所の建設プロジェクトにおいて、中核機器であるガスタービン3基のほかに、補機と付属設備も供給。技術者を派遣して商業運転まで支援するとともに、長期メンテナンス契約(LTSA)に基づき、発電設備の保守と補修等を実施する。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    2.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    3. ■発行済み株式の過半数を取得  伊藤忠商事<8001>(東証プライム)は4月5日、米国大手ス…
    2022年5月
    « 4月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る