アイリッジがLINEミニアプリ「QB HOUSE」を開発支援

■2022年夏にはスタイリスト向けアプリとCRMを追加開発

 アイリッジ<3917>(東マ)は、キュービーネット(東京都渋谷区)が12月24日からヘアカット専門店「QBハウス」の顧客向けに提供開始したLINEミニアプリ「QB HOUSE」の開発を支援した。「QB HOUSE」は同日新規オープンする「サミット横浜岡野店」での運用を開始した後に、2022年夏頃を目処に新たに開発予定のスタイリスト向けの顧客カルテアプリやCRMシステムと連携の上、国内に500以上展開する全店舗での運用を目指す。

 「QB HOUSE」LINEミニアプリは、QBハウス利用でLINE上のスタンプカードにスタンプがたまり、たまったスタンプを店頭で使えるクーポンに交換できるアプリである。同アプリでカット履歴も確認できるため、来店頻度を一定に保ち清潔感ある身だしなみがキープできる。スタンプカードはカット後にスタイリストが提示するQRを読み取るだけで情報入力等の必要がなく利用開始できる。その後会員登録をすることでクーポンが利用できる。アプリ提供開始時点ではアプリ利用開始でもらえる100円引きクーポンのみで運用を開始し、その後利用状況を見ながらスタンプカードとリピートクーポンの運用も開始の予定である。

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、QBハウスの来店数が落ち込む中にあって、同社では、店舗横断で管理できる顧客カルテや顧客データベース等を運用していなかった。そのために、顧客の属性情報やカット情報、満足度情報などのデータを追える環境づくりが急務となった。

 そこで、スピーディーな顧客体験を損なわず利用できるLINEミニアプリを使った顧客向けアプリと、iOS/Android上にスクラッチ開発で作り込めるスタイリスト向け顧客カルテアプリ、その両アプリからの情報を管理する顧客データベースと管理画面からなるCRMシステムが導入されることとなった。
 
 なお、同ミニアプリの開発では、会員証機能を持つアイリッジの「FANSHIP forミニアプリ」を使用。約2ヶ月半の短納期を実現した。

 今後は2022年夏頃を目処にスタイリスト向けアプリやCRMシステムを開発し、「QB HOUSE」LINEミニアプリと連携した上で、国内に500以上展開する全店舗での運用を目指す。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    2.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    3. ■発行済み株式の過半数を取得  伊藤忠商事<8001>(東証プライム)は4月5日、米国大手ス…
    2022年6月
    « 5月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る