ジーニーが『Purpose(パーパス:存在意義)』を設定しプロダクト名とロゴを刷新

■ビジネスでは「誰もがマーケティングで成功できる世界を創る」

 ジーニー<6562>(東マ)は1月26日の13時過ぎ、企業のあらゆるマーケティング活動をテクノロジーで支援し、日本とアジアに貢献するため、『パーパス(存在意義/以下、Purpose)』を新たに設定し、『Purpose』実現に向けて、サービスをより分かりやすく、使いやすく提供できるよう、新ブランド「GENIEE Marketing Cloud」「GENIEE Ads Platform」を立ち上げ、プロダクト名とロゴを刷新することを発表した。

 今回、プロダクトと組織の長期目標・意思決定の軸として、2つの『Purpose』を定義した。

・『Business Purpose(ジーニーのプロダクトやサービスが実現する世界観)』は、「誰もがマーケティングで成功できる世界を創る」。
・『Corporate Purpose(組織の長期目標・存在意義)』は、「日本発の世界的なテクノロジー企業となり、日本とアジアに貢献する」。

<日本では数少ない、海外展開も行いながら成長を続けるテクノロジーカンパニーの一員であることに誇りを持ち、その知識や利益を社会に還元していきます。当社のプロダクトやサービスをご利用くださる企業様に、ひいては社会に貢献できる存在となっていけると信じ、私たちは今日も歩み続ける>

■新ブランド立ち上げの背景と目的

 同社は、2010年の創業以来、広告プラットフォーム事業で市場シェアを獲得し、2016年以降はデジタルマーケティングツールの開発に着手し、提供ツールの拡充(サイト内検索エンジン、チャットツール、MA、SFA/CRM、BI)を進めてきた。今回、サービス体系を見直し、2つの新ブランドに各種プロダクトを統合することでサービスの提供を促進し、日本とアジア企業のマーケティング活動支援・企業の業績向上に貢献する。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    2.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    3. ■発行済み株式の過半数を取得  伊藤忠商事<8001>(東証プライム)は4月5日、米国大手ス…
    2022年5月
    « 4月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る