アイリッジは「NOID」を活用し、森永乳業が25日から提供開始する「育児相談」などのAlexaスキル7種を開発支援

■両手がふさがっている時にも使えるAI音声アシスタント

 アイリッジ<3917>(東証グロース)は、提供するノーコードAlexaスキル開発運用クラウド「NOIDノイド)」を活用し、森永乳業<2264>が5月25日より順次提供開始する「育児相談」などのAlexaスキル7種を開発支援した。

 コロナ禍で、お母さんお父さんの家にいる時間や自宅で子供を見る時間が増えている。また、今年4月からは改正育児・介護休業法が施行され、10月には「出生時育児休業制度(産後パパ育休)」が新設されるなど、子育てや家族の在り方における多様化の流れは今後さらに広がっていくと思われる。

 100年以上にわたって、赤ちゃんの健康のために育児用ミルクの研究と開発を進めてきた森永乳業では、このような背景を踏まえ、同社の無料育児相談窓口「エンゼル110番」で保有する累計約100万件の育児相談データを活かしてお母さんお父さんの育児生活をより良くできないかと考えた。その中で情報伝達・コミュニケーション手段として着目されたのが、抱っこ中で両手がふさがっている時にも使えるAI音声アシスタントである。

 アイリッジは、大量の育児相談データや、動画を含む離乳食レシピデータなどをノーコードで素早くAlexaスキル化できる開発プラットフォーム「NOID」と、豊富なスキル開発実績がある。加えて、AI音声アシスタントの特性に精通したサポート体制が評価され、開発パートナーとして選ばれた。

 今回提供開始するAlexaスキルは以下の7種(いずれも画面付きデバイス限定)である。

■「育児相談」スキル
森永乳業が提供する乳幼児の無料電話相談窓口エンゼル110番(https://www.angel110.jp/)に寄せられた累計約100万件の育児相談データから、特に相談の多い内容についてスキル化した画面対応スキル。

■「ミルクの作り方」スキル
森永乳業が提供する妊娠・育児情報サイト「はぐくみ」(https://ssl.hagukumi.ne.jp/)のコンテンツをスキル化した動画再生スキル。

■月齢別 離乳食のレシピスキル5種:「5ヶ月6ヶ月の離乳食」「7ヶ月8ヶ月の離乳食」「9ヶ月11ヶ月の離乳食」「12ヶ月17ヶ月の離乳食」「18ヶ月の離乳食」
「はぐくみ」で紹介している約400件のレシピからおすすめレシピをスキル化した画面対応スキルで、提供開始時点では各月齢約20件、合計112件のレシピに対応している。

 今後は離乳食のレシピスキルの対応レシピ数増加を予定しているほか、利用動向を見ながら機能追加等も検討していく。アイリッジでは今後も、「NOID」およびAI音声アシスタントを活用した企業とユーザーのタッチポイント形成を支援していくとしている。(情報提供:日本インタビュ新聞社・株式投資情報編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    2.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    3. ■発行済み株式の過半数を取得  伊藤忠商事<8001>(東証プライム)は4月5日、米国大手ス…
    2022年7月
    « 6月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る