【アナリスト水田雅展の銘柄分析】カナモトは好業績を見直して反発、15年10月期業績予想は増額含み

【アナリスト水田雅展の銘柄分析

 カナモト<9678>(東1)は建設機械レンタルの大手である。株価は全般地合い悪化も影響して7月中旬~下旬の年初来安値圏2800円台まで調整した。ただし足元では3000円台を回復した。15年10月期業績の会社予想は増額含みであり、中期的にも事業環境は良好だ。好業績を見直して反発展開だろう。なお9月4日に第3四半期累計(11月~7月)の業績発表を予定している。

■建設機械レンタルの大手

 建設機械レンタルを主力として、海外向け中古建設機械販売、土木・建築工事用鉄鋼製品販売、IT機器・イベント関連レンタルなども展開している。

 北海道を地盤として東北、関東、中部、近畿、九州にも営業拠点網を拡充して全国展開するとともに、12年6月に道路建機レンタルと道路工事施工のユナイトを子会社化して業容を拡大している。

 15年7月には三郷営業所(埼玉県三郷市)と敦賀営業所(福井県敦賀市)を開設し、営業拠点数は177拠点、子会社・アライアンスを含めると359拠点となった。

 また7月31日には、有限会社ヱーワ商会(埼玉県)の全株式を取得して子会社化したと発表している。同社は大手ゼネコン向け汎用小型建設機械レンタルを主力としている。非連結子会社となるため業績面への直接的な影響はないが、東京都内および関東地域におけるサービス拡大や営業基盤強化に繋がるとしている。

■17年10月期ROE10%以上目標、成長エンジンとして海外展開強化

 14年9月発表の新長期ビジョンおよび中期経営計画では、55期の19年を見据えたグループの目指す姿を新長期ビジョン「BULL55」として示した。そして実行計画である3ヵ年中期経営計画「BULL53」では、経営目標数値として17年10月期売上高1500億円、営業利益190億円、ROA5.0%以上、ROE10%以上などを掲げた。

 海外では15年1月にインドネシアの現地法人が営業を開始した。新長期ビジョン「BULL55」で海外展開強化を今後の成長エンジンと位置付けており、インドネシアへの進出はその一環としている。

 そして8月4日にはタイおよびベトナムにおける子会社設立を発表した。タイの子会社は現地パートナー企業との合弁(当社出資比率49%)で7月に営業開始した。ベトナムの子会社は現地パートナー企業との合弁(当社出資比率80%)で6月に営業開始した。

 なお環境保全設備や地下施設建設機械などの製造・レンタル事業を展開する子会社KGフローテクノは、14年4月に中国・上海に現地法人を設立している。

■15年10月期は増収増益予想で増額含み

 14年10月期の四半期別の推移を見ると、売上高は第1四半期(11月~1月)331億48百万円、第2四半期(2月~4月)310億64百万円、第3四半期(5月~7月)284億45百万円、第4四半期(8月~10月)328億98百万円で、営業利益は第1四半期56億51百万円、第2四半期44億21百万円、第3四半期27億41百万円、第4四半期36億41百万円だった。

 また14年10月期の配当性向は13.6%だった。ROEは13年10月期比3.5ポイント上昇して15.8%、自己資本比率は同1.4ポイント上昇して33.6%だった。

 今期(15年10月期)の連結業績予想(12月10日公表)は、売上高が前期比2.4%増の1286億円、営業利益が同3.1%増の169億60百万円、経常利益が同3.3%増の166億10百万円、純利益が同2.4%増の95億20百万円としている。

 配当予想(12月10日公表)は、同5円減配の年間30円(第2四半期末15円、期末15円)としている。前期の年間35円には会社設立50周年記念配当15円(第2四半期末に5円、期末に10円)が含まれているため、普通配当ベースでは10円増配となる。予想配当性向は11.4%である。

 第2四半期累計(11月~4月)は売上高が前年同期比6.4%増の683億07百万円、営業利益が同5.8%増の106億52百万円、経常利益が同8.1%増の106億55百万円、純利益が同15.5%増の65億28百万円だった。震災復興・防災対策・インフラ関連などの建設工事を中心に建設機械レンタル需要が好調に推移した。

 そして通期予想に対する第2四半期累計の進捗率は売上高が53.1%、営業利益が62.8%、経常利益が64.2%、純利益が68.6%と高水準だった。

 東北や首都圏以外の建設需要は財政支出減少傾向で公共工事に不透明感があり、技能労働者不足による入札不調や着工遅延などの懸念もあるとして慎重な会社予想だが、通期業績予想は増額含みだろう。

 国内では震災復興関連工事、激甚災害現場復旧工事、防災・減災・耐震化関連工事、老朽化インフラ補修・更新関連工事、都市再開発関連工事などが活発であり、リニア新幹線関連工事や20年東京夏季五輪関連工事も本格化する。

 中期的に良好な事業環境に変化はなく、建機レンタル需要は高水準で推移することが予想される。海外展開強化も寄与して収益拡大基調だろう。

■株価は調整一巡して反発の動き、好業績を見直し

 株価の動きを見ると、3500円近辺でのモミ合いから下放れて水準を切り下げ、全般地合い悪化の影響も受けて7月中旬~下旬の年初来安値圏2800円台まで調整した。ただし足元では3000円台を回復して反発の動きを強めている。

 8月4日の終値3005円を指標面で見ると、今期予想連結PER(会社予想の連結EPS264円16銭で算出)は11~12倍近辺、今期予想配当利回り(会社予想の年間30円で算出)は1.0%近辺、前期実績連結PBR(前期実績の連結BPS1758円24銭で算出)は1.7倍近辺である。

 週足チャートで見ると26週移動平均線を割り込んで調整局面だが、日足チャートで見ると25日移動平均線突破の動きを強めている。15年10月期業績の会社予想は増額含みであり、中期的にも事業環境は良好だ。今期予想連結PERには割安感があり、好業績を見直して反発展開だろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新記事

カテゴリー別記事情報

     

    ピックアップ記事

    1.  Lib Work<1431>(東証グロース)は6月17日、安心計画社と共同開発したAIを活用した…
    2. ■NTTやKDDI等が高値更新  4月14日の東京株式市場では、情報・通信業は3営業日続伸し…
    3.  リズム<7769>(東証プライム)は4月13日、リズム史上最大の音量を実現した大音量電波デジタル…
    2022年8月
    « 7月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031  
    IRインタビュー 一覧

    テンポイノベーション・原康雄社長 アルコニックスの竹井正人社長 JPホールディングス・古川浩一郎社長に聞く Eストアーの石村賢一社長に聞く アイビーシーの加藤裕之社長に聞く ピクスタの古俣大介社長に聞く メディカル・データ・ビジョンの岩崎博之社長に聞く ヨコレイの西山敏彦社長に展望を聞く 平山の平山善一社長に近況と展望を聞く アンジェス MGの山田 英社長に聞く CRI・ミドルウェアの押見正雄社長に聞く 京写の児嶋一登社長に聞く

    アーカイブ

    「日本インタビュ新聞社」が提供する株式投資情報は投資の勧誘を目的としたものではなく、投資の参考となる情報の提供を目的としたものです。投資に関する最終的な決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。
    また、当社が提供する情報の正確性については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。また、予告なく削除・変更する場合があります。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、一切責任を負いかねます。
    ページ上部へ戻る